リノベーションのメリットデメリット

一般に、住宅市場においては中古よりも新築に高い価値が認められる傾向にありますが、近年ではこうした流れに変化があらわれています。というのも、上手に工夫することでで中古住宅でも新築に劣らない快適さや便利さを実現できるようになってきているからです。その工夫とはつまり、住宅にリフォームやリノベーションを施すことです。この2つの言葉の間に明確な区別はありませんが、一般には後者の方が前者よりも大がかりな工事を伴う改修を指します。たとえば壁を打ち抜いて隣り合う2室を広い1室に変更したり、洋間を和室に変更したりといったケースです。場合によっては、もともとはオフィスビルとして使われていた物件をマンションにリノベートするといった、物件の用途を完全に別のものに変えてしまうほどの大規模な工事が行われることもあります。

注文住宅に近い自由な間取り設計

リノベーションを行うメリットとしては、何と言っても設計の自由度が高いということが挙げられます。いわゆるスケルトン状態から工事を行う場合、配管設備や構造上絶対に動かせない柱などを除けばほぼゼロベースで間取りや内装などを見直すことができます。これはたとえ新築であっても分譲マンションや建売住宅では実現できないことです。つまり、注文住宅に近い形で自分の好みや生活スタイルに合わせた住空間を作り出すことができるのです。また、物件探しをする際に選択肢が広がるというメリットもあります。すでに開発の進んでいる地域では未利用の土地が稀少になっているため、新築物件は中古に比べて立地条件が劣るケースが少なくありません。しかし新築並みに改修することを前提とするのであれば、新築にこだわらず立地条件の良い中古物件を選べばよいことになります。

スケジュールや資金計画の調整は慎重に

一方、リノベーションにはデメリットもあります。その1つが、住み始められるまでに時間がかかることです。中古マンションを購入してそのまま住む場合には、引き渡しの手続きが終わればすぐに引っ越すことができます。これは工期の遅れなどがない限り新築の建売住宅でも事情は同じです。しかし改修工事を施すとなれば、その工事期間の分だけ新居での生活を遅らせる必要があります。そのため、物件探しをする時は入居できる時期をあらかじめ見越した上で行動計画を立てる必要があります。また、工事費用をローンで調達しようとする場合、住宅購入用のローンに比べると高い金利が設定されることが多いという点にも注意が必要です。資金計画を策定する際は、物件価格と工事費用の最適な組み合わせについて入念なシミュレーションが必要となります。

admin

No description. Please update your profile.

    最近のコメント

      アーカイブ

      カテゴリー

      • カテゴリーなし