リーズナブルでお得なリノベーションとは

かつて住宅市場においては、中古物件に比べて新築物件に極端に高い価値が与えられていました。しかし現在では、古いものを大事にするという社会的風潮や経済情勢などもあって、中古住宅の人気が高まっています。この人気には、リフォームという概念が浸透してきたことも影響しています。古い家でも、必要な補修を行うことによって新築に劣らない快適さを実現できることが広く知られるようになってきたのです。さらに最近では、リフォームよりさらに大規模な改修工事であるリノベーションに対する需要も増加してきています。古い家の枠組みはそのまま残しながらも、部屋数や部屋の広さ、用途などを大胆に変更することで、自分の生活スタイルに合った住空間を注文建築に近い形で容易に実現できるようになったのです。

リノベーションは費用をいかに安く見積もるかがポイント

リノベーションはリフォーム以上に大きな変更を住宅に加えることで、より自由度の高い空間設計を行うことができます。ただ、実行する際には1つ注意すべき点があります。それは費用の問題です。確かに自分の思い描いたイメージ通りの住まいを実現してそこで暮らすというのは、多くの人が理想とするところです。ただ、理想を追い求め過ぎてコスト意識がおろそかになると、最初から注文住宅を購入した方が安かったなどということにもなりかねません。中古住宅の大きな魅力の1つに、価格の安さがあります。改修費用を合わせてもなお新築よりもリーズナブルである、というのがベストな形です。工事費用のコストダウンを図るにはさまざまな方法があります。最も基本となるのが、複数の業者から見積もりを取ることです。それぞれの内容を点検し、比較対照しながら積算上の疑問点を質していくと、しばしば価格は下がってきます。

DIY精神を発揮することでコストダウンを実現

工事業者を選定した後でも、コストダウンを実現する方法はあります。その1つが、一般に「施主支給」と呼ばれる手法です。「施主支給」とは、工事に必要な建材や新たに取り付ける設備機器を自分で調達し、業者に引き渡すことをいいます。中間マージンが要らなくなるため、当然価格は安くなります。もちろんこの方法にはリスクもあります。製品に関するある程度専門的な知識を身につけなければなりませんし、品質や運搬中の安全管理などはすべて自己責任となります。しかし最近ではインターネットなどで手軽に注文でき、独自の保証制度を設けている販売会社も増えてきています。また、工事の一部を自分でやってしまうことで費用を浮かせるというテクニックもあります。内壁の塗装や棚の取り付けなどは素人でもできますし、手作り感にあふれた仕上がりが却って好ましく見えることもあります。

admin

No description. Please update your profile.

    最近のコメント

      アーカイブ

      カテゴリー

      • カテゴリーなし